通常、任意保険というものは強制保険としての自賠責保険とは違って、自賠責保険の範囲ではカバーできない補償を考慮している大事な保険です。これは任意保険については自賠責保険の上乗せ保険として有用なものですので自賠責保険で補える支払い限度額を超えた際に登場します。それから自賠責保険の中では物に対する損害については補償を受けることができないのでそこまで補う場合は任意保険にも入る必要があります。今現在任意保険の保険料を払っている愛車を処分する際は、日本の自動車でも海外の車ということは例外なく、残金が返ってきます。国産自動車を売る場合でも同様です。自動車損害賠償責任保険は、一般的には入ったままにしておくのが通例になっていますが任意保険は誰もが入る保険ではないので、解約ということになります。さらに任意保険をキャンセルをすれば既に 納めている返戻金が返還されるのです。車の売買が決定した場合でもすぐさま任意保険を解約するという選択肢はリスキーです。勿論すぐに中途解約すればその分返還される金額は増えますが、もしも自動車店が遠くにあるため自分で運転していくということになったケースでは任意保険に入っていない状態で運転をする必要があります。万が一のリスクを考えてこの先運転をすることはない状況になる時まで任意保険の中途解約をすることのないようにする必要があります。所有車を売却して、違うクルマに買い換えるケースだったら構わないと思いますが、仮にしばらく乗らない状況が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこうした任意保険に加入していない時がある場合前に加入していた時の任意保険の等級が下がるので任意保険の保険料が上がります。こういったケースであれば「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」で、最長で10年は中断前の保険の等級を引き継ぐことが可能です。また、13ヶ月以内は出してもらうことができますから仮に既に自動車を売却していて「中断証明書」を提示してもらっていないケースでは、保険の提供元や代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。もしまたクルマを購入することになって、前に乗っていた自動車を買取に出すのでしたら契約は一方のみのとなります。任意保険の変更という対応ですから運転しなければならないクルマであれば処分の際まで注意しなければなりません。そして、任意保険というのは排気量や車種で額が多少違ってきますから車売却の際は任意保険の保険料をチェックしてみる良い機会でもあります。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.