野球の国際試合がサッカーほど盛り上がらないのは、なぜなのか考えてみました。これは国際大会の歴史の浅さとプロチームの非協力的な態度が由来かと思います。いまでも、メジャー主催のアメリカのための大会にすぎないので、盛り上がりに欠けるのは事実です。唯一盛り上がっていたオリンピックも競技から除外されてしまいました。これは、野球という競技の性質上、専用スタジアムを必要としてしまうからです。そして、そのスタジアムを大会後にも有効利用できる国は、アメリカと日本に限られてくるので、そういった側面が競技として除外される要因となってしまいました。確かに、他のスポーツにも流用できませんから、使い勝手は非常に悪く、野球という土壌のない国ではやるメリットはほとんどないといえます。これを解消するには、やはり野球を世界的に広めるのが重要です。地道なロビー活動により、野球が楽しいスポーツだという事を、野球後進国に伝えていく必要があります。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.