乗用車の(全損)とは文字通り全てが壊れてしまったことで、結果的に走れないなど移動手段として機能を満たさなくなった場面で使いますが保険での「全損」はちょっと違う内容が込められています。車の保険では乗用車が壊れた時には【全損と分損】などと2つの状況に振り分けられ【分損】は修理費が補償金内でおさまる事を言い、『全損』とは修復費が保険金を上回ってしまう場合を言い表します。通常では、乗用車の修復で《全損》と判断されると車の心臓、エンジンに決定的な損害があったり、車の骨組みがいびつになっていて直すのが無理な場合、リユースか廃車と判断されるのが一般的です。しかしながら、自動車の事故が起こって販売会社や保険屋さんが修復の費用を予測した際にいくら見た目がきちんとしていて元に戻すことが可能である場面でも修理のお金が保険金よりも大きくてはどうして車の保険に加入しているのか分からなくなります。このようなときには《全損》と判断して自家用車の権利を自動車保険会社へと譲って補償額を負担してもらう仕組みなっています。もちろんの事ですが長い年月運転したマイカーで愛情があり、自腹で直してでも所持したいと思う方はいくらでもいらっしゃいますので場合において車の保険屋さんと確認しあうといいでしょう。保険の中にはこのような場面が想定され特約など【全損】の際に特約が設けられている場面が多くたとえ自分の車が(全損)なってしまっても買い替えなどお金を一部分でも補償してくれる状況もあります。尚盗難にあった時の補償額の特約をつけるならば、盗まれてしまった自動車がなくなった場合も《全損》となり、補償金が支払われるシステムになっています。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.