最近は中学受験をされるお子さんの数が増えています。http://www.tantei-jimusho.net

地域差もありますが、都心の小学校ではクラスの半分が中学受験をすると言うところもあるくらいです。

一度受験準備を始めてしまうと、なかなか後には引けないところもあるので、まずは小学校低学年のうちは子供の適性を親がしっかり見極めましょう。

学校が楽しくて仕方が無く、のびのびと学校生活を送り、友達関係も上手くいき、地域でスポーツなどを行っているようなお子さんでしたら、無理やり受験させることはありません。

何も受験の機会は一度ではないので、このように地域の学校が性にあっているお子さんは高校受験からでも遅くはないのです。

子供時代をしっかり子供らしく過ごしてきたお子さんには、それだけで価値があるのです。

そしてそのようなお子さんは自分から受験を意識するようになると、親が思った以上にぐんぐん伸びていきます。

このようなお子さんは中学以降伸びるお子さんですので、まずは学校の勉強だけはきちんとやらせて、基礎学力をしっかり見に付けるように親が導いてください。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.