最近総じてどの自動車損害保険を扱う会社も値段釣り上げの傾向です。76-5-127

自動車損害保険が保険料を値上げするという事態になってしまうと、直に私たち自身の生き方に大きく衝撃を与えてしまうのです。76-18-127

なぜ自動車損害保険が料金つり上げという事態に見舞われているのか、知りたいとは思いませんか。76-13-127

その原因について考えられることには、2項目存在します。76-10-127

まず一つ目は、高齢のドライバーがだんだん増加傾向にあるせいです。76-2-127

自家用車両を所持しているのが当然の世の中になってしまったことから、老年期の乗用車持ちも増えつつあります。76-14-127

また、全国的に高齢化社会というようなこともあるせいで日増しに更に老齢の自動車ドライバーが数を増やす時勢なのは間違いありません。76-1-127

高齢者のケースでは、一般的には保険の料金が手ごろに設定されているので自動車損害保険会社にとっては、それほど旨味が存在しません。76-9-127

どうしてかと言うと月額の掛金が割安なのに事故を起こされたときに割高なお金を支払わなければいけないという事情があるからです。76-4-127

このような場合損になる可能性が格段に上がると判断されるため、保険会社は保険の掛け金を増額するという手段に及ぶしかありません。76-16-127

さて、2つ目の理由は、若い世代の車所有への淡白な態度です。

老齢のドライバーは増加しつつありますがそれとは裏腹に若い年代はクルマに憧憬を抱かなくなりつつあるのが現状なのです。

そのウラには何があるかと言いますと公共のインフラの充実とお金に関わる問題です。

収入に不安のない職業に就くことができない若者が多く存在するため乗用車を購買するなど考えられないといった方も当然多くいるのです。

しかも、昔であれば自家用車を所持している事が正業に就く人のステータスだという社会通念がありましたが昨今ではそれがステータスなどとは言いにくくなってきました。

そのため月々の掛金が老年期と比較して割高な比較的若い世代の被保険者が数を減らしているのが現状です。

そうした事が原因で、保険会社も値段引き上げに向かわざるを得ないのだと考えられるのです。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.
76-19-127 76-15-127 76-11-127 76-3-127 76-8-127