ビギナー向けのFXの教科書では「差損が生じた場合はナンピン買いして、ポジションの平均を買い付け価格を下げることができる」等と説明されていたりしますが正直に言うとこれは落とし穴がある。iPhone最新情報

はじめに、ナンピンの理屈に関して説明します。リンクス 銀座

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。デスク市場

$(ドル)買いなので、ドル高に向うほど黒字が出ますが、1ドル95円まで円高ドル安が進んでしまったとします。もみあげ脱毛

この場合持ち続けたとしたら利益がでるためには、マイナス分、円安に向わなければなりません。花蘭咲 通販

皆さん、損は早めにリカバリしたいと思うでしょう。シボヘール 口コミ

ここではじめに売買したのと同じだけの$を、1ドル95円で買います。自分で浮気調査

そうしたら、平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

2.50円の幅で円安に推移すればマイナスを取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピンのロジックだ。

このとおり、ナンピンの方法を聞くと「確かに」と考えるが易々と問屋を卸しません。

そもそも、1ドル=95円が底値だということなど誰も分かるはずがありません。

仮定として、市場が相当のドル安の流れだとすると95円ではとどまらず、より円高ドル安が進むリスクがある。

例として、1ドル=97.50円でナンピンをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高になったらナンピン買いをした分についても赤字が生まれます。

その状態では、一番初めに持ったポジションとあわせて、損を被ります。

このように、ナンピンは大変です。

では、為替相場が自らの台本とは反対に向う場合どういった対応で危険の確率を管理すればいいのでしょうか。

そういう時には取れる選択肢は2つしかありません。

ひとつめは観念して、損切りをする事です。

もうひとつの手段としてはその時に、持っているポジションを縮小することによって再度マーケットが戻るのを黙って待機する事だけです。

だいぶ控えめなやり方だと思う投資家もいます。

けれども、買いポジションに差損が出た場合最もリスクが低い方法はこれ以外にはないです。

当然、理屈の上ではナンピン買いをするという手法もあると思います。

だがナンピンは、自分がマイナスになっているのに、ポジションを無くすどころか、ポジションを積み重ねていく方法である。

この方法では、危険を削減することなど到底不可能だと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいつかは利益を上げられるかもしれません。

しかし、それ以前にお金がショートしてしまうだろう。

Copyright © 2002 www.camminare-insieme.org All Rights Reserved.